WALK A MILE IN MY SHOES
tamacharli.exblog.jp

神戸・海岸通のBAR CHARLIE BROWN の ブログ
以前の記事
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
床屋は危険がいっぱい
f0196241_13131897.jpg

今週のテーマ。それは「散髪」
刈り上げもすっかり伸びてしまって、まとまりも悪くなってきてるし、
来週の「兄貴」ブライアンのライヴに向けてビシッと決めなければいけない。
男のたしなみ身だしなみとして「床屋」へ行くという行為は非常に粋な事では
ありましょうが、めんどくさい、そして出来れば行きたくない。
お金を払って時間を掛けて苦痛と恐怖に耐える場所。
それが「床屋」・・・・・

去年の途中くらいにそれまで5年以上通っていた床屋から今の床屋へシフトチェンジ。
前のところは、レトロな雰囲気で、おっちゃんも良い人だし、おまけに料金が今より1000円も
安くて中々になかなかではあったが、刈り上げ&ツーブロックというのが未知との遭遇
だったようで(ワタクシが最年少の客という店なので仕方ない)どーしてもツーブロックに
したいワタクシはマザーシップを降りて新たな円盤へと乗り換えたのである。

この、最近通い出した床屋であるが、髪を切ってくれるのがおとーさん(と言っても中々なお年)
もしくは息子さん。初めて行った時、その日は店におとーさんしか居なかったので
あれこれ説明をして男前リーゼントにするべく髪を切って貰う事に。サイドの残しておく
髪をピンで留めて耳の上辺りをハサミで切り始めたのだが・・・・

おとーさん!ハサミ立ってますけど!なんか手がややこしい事になってません?

確かに脳みそはアルコール漬けで奈良漬の様になってるから、頭に穴のひとつふたつ
開けてアルコールを飛ばした方がいいかも・・・・・・って
ええわけないやん!こわいこわい。

昔、日野日出志のマンガで、気の狂った床屋のオヤジが客の男の子を剃刀で
切り刻むという、おっとろしい話があったがまさか自分の身の上に同じ事が起きようとは・・・

絶対絶命のその時!

息子さん登場!

切り裂きジャックからハサミを取り上げると、何事も無かったかのように
シャキシャキと刈り上げて行き見事なツーブロックに仕上げてくれたのであった。

それ以来、どんなにジャックおじさんの手が空いていても
息子さんに切って貰う様にしているのは言うまでもない。
[PR]
by tamacharliebrown | 2009-01-21 14:27